前へ
次へ

登録型と正社員型の人材派遣の違い

人材派遣会社には登録型と正社員型とが存在していると知っていましたか。
登録型の場合、派遣先と派遣会社が契約を結び、派遣先に派遣される人が登録者となります。
対して正社員型の場合には、派遣会社と派遣される人が雇用契約を結んで派遣会社の正社員となり、企業に派遣される形をとるのが特徴です。
主な違いとしては、雇用されている待遇にあります。
登録型の社員の場合、あくまでも契約期間中のみ働くことが可能となっており、その期間しかお給料はもらえません。
対して正社員型の場合は、派遣会社が雇用先であるため仕事がない時でもお給料はもらえます。
また、賞与が存在しないのは登録型の特徴ですが、派遣会社と契約している正社員型の場合は賞与をもらうことが多いです。
なかには、人材派遣会社で賞与を出していない場合もあるため、必ずしもすべての正社員型がもらえるとは限りません。
待遇面で様々なポイントがあるため、登録する場合は事前に確認してから働くことが望ましいでしょう。

Page Top